「ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館」2019年5月27日よりリニューアル工事のため閉館中

ロッテルダム

ロッテルダムの人気観光スポットの一つでもある「Museum Boijmans Van Beuningen(ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館)」が現在改修工事のため閉館中です。

スポンサーリンク

工事期間について

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館はブリューゲルの「バベルの塔」を所蔵している美術館としても有名ですが、リニューアルのため2019年5月27日から2026年までの約7年間閉館となりますので、訪問を予定されていた方はご注意ください。

正確なオープン日の詳細は都度美術館の方からアップデートされていく予定です。

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館の歴史

せっかくなのでボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館の歴史を少しだけご紹介。
元々はFrans Jacob Otto Boijmansが自身のコレクションを1841年に寄贈したことをきっかけにスタート。その後、Daniël George van Beuningenも自身のコレクションを1958年に寄贈。この二人の作品寄贈者の名前を取り「Museum Boijmans van Beuningen」と名付けられました。

現在は中世ヨーロッパ美術から近代美術まで150,000点以上を所蔵しています。

「バベルの塔」や他の所蔵作品はどこへ?

リニューアル工事にあたり、所蔵作品の一部は同じくロッテルダム市内にある「Kunsthal(クンストハル美術館)」や「Chabot Museum(シャボー美術館)」、そして「Belasting & Douane Museum(税と関税博物館)」などに移され、改修工事中も各美術館にて作品を見ることができます。

また「バベルの塔」は世界各地の美術館で展示される予定。日本でも2017年に東京都美術館で展示されたことで話題になりましたが、引き続き世界を旅するようです。

Kunsthal
住所:Museumpark, Westzeedijk 341, 3015 AA Rotterdam
ホームページ:https://www.kunsthal.nl/nl/#tijdlijn-2019-07
Chabot Museum
住所:Museumpark 11, 3015 CB Rotterdam
ホームページ:https://www.chabotmuseum.nl
Belasting & Douane Museum
住所:Parklaan 14-16, 3016 BB Rotterdam
ホームページ:https://www.bdmuseum.nl

謎の巨大な半球体現る!?

そんな約7年を掛ける大規模なリニューアル工事がスタートしたと同時に、美術館のすぐ側に謎の巨大な半球体が建設されております。それがこちら。

この未来的な建造物、実は「Depot Boijmans Van Beuningen」と呼ばれる作品を保管する倉庫でありながら、15万点の所蔵作品も見ることができるという世界初の施設。

オープンは2021年の7月を予定しており、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館の改修工事の完了を待たなくとも、貴重な作品を見ることができるようになります。

 

イメージ画像を見るでけでもすでにワクワクしてしまいます。完成が待ち遠しいですね!

Depot Boijmans Van Beuningen
住所:Melkkoppad 15, 3015 CR Rotterdam
ホームページ:https://www.boijmans.nl/en/depot
ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館
住所:Museumpark 18, 3015 CX Rotterdam
工事期間:2019年5月27日~2026年予定
工事の進行状況:https://www.boijmans.nl/en/transit

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました