チューリップが咲き誇るキューケンホフ公園が今年の開園スタート!

オランダ生活編

チューリップが咲き誇る世界最大のフラワーパーク、オランダのキューケンホフ公園が3月21日から今年の開園をスタートしました。こちらの公園の開園が始まると、まだ少し寒くても春の訪れを感じます。チューリップが一面に広がる光景は圧巻の一言。

スポンサーリンク

2019年は3月21日から5月19日まで

開園期間は5月19日までの約2ヶ月間と、とても短いのでオランダへの旅行を計画中の方や、去年見逃した方は今年こそ要チェックですよ。

園内は32ヘクタールと広大で一日中チューリップを満喫できる広さですので、歩きやすい格好でお出掛けください。屋台なども園内にありますので、お昼休憩なども可能ですが、毎年観光客もとても多いのでお昼時をずらしたり、軽く持参したりしながら長蛇の行列を避けて巡るなど、工夫してみると良いかもしれません。

毎年違ったテーマを設けているキューケンホフ公園ですが、2019年のテーマはFlower Powerだそうです。開園70年目を祝って、カラフル、ヒッピー、平和と音楽など、1970年代初頭の雰囲気を持たせ、花の香りや色を楽しみにくる世界中の人々を花を通して繋げていくという、正に花のパワーを感じられる空間になっているのではないでしょうか。

チケット購入

チケットは公式サイトにて購入できます。バスのチケットと、入園チケットが一緒になっているコンビチケットが便利だと思います。予めプリントアウトして持参すれば、見せるだけでバスも公園も利用可能なのでらくちんです。アムステルダムからだけではなく、スキポール、ハーレム、ライデンからもアクセス可能ですので、詳しくは下記のサイトをご覧ください。

チケット購入サイト

https://keukenhof.nl/en/buy-tickets

キューケンホフ公園公式サイト

Home | Keukenhof.nl

 

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました