シェパード・フェアリー(OBEY)とVHILSのコラボミューラルが誕生!

その他

アメリカ人ストリートアーティストOBEYことShepard Fairey(シェパード・フェアリー)とポルトガル人ストリートアーティストVHILS(ヴィールス)のコラボレーションミューラルがリスボンの街に誕生しました。

スポンサーリンク

ありそうでなかった新鮮でクールなコラボミューラル

両者とも世界的な人気を誇るストリートアーティストで、数々の素晴らしいミューラル(壁画)を各地に残してきました。

シェパード・フェアリー、VHILS、それぞれのアーティストの詳しい紹介については下記のリンクからご覧いただけます。

ストリートアーティスト vol.2「SHEPARD FAIREY(シェパード・フェアリー)」とは
今回はアメリカを代表する大物ストリートアーティスト「OBEY(オベイ)」こと「Shepard Faiey(シェパード・フェアリー)」をご紹介します。前回の記事ではバンクシーについてお伝えしましたが、西の横綱(イギリス)がバンクシーだとし...
ストリートアーティスト vol.14「VHILS(ヴィールス)」とは
今回はポルトガル出身のストリートアーティスト「Vhils(ヴィールス)」をご紹介します。 まだまだ若手ながら、すでに数多くの素晴らしいミューラル(壁画)を残し、世界各地でエキシビジョンも開催している実力派。オリジナリティのある彼の作...

 

そんな現在のストリートアート界をリードする二人のコラボレーション作品がリスボンに出現。

 

大きなミューラルの場合はフリーハンドではなく、まず初めにプロジェクターでイメージを投影して下書きを描いてから、本番に移るのが一般的です。配置やバランスなどを考えて入念に打ち合わせしているのがわかります。

黒と赤をベースにしたパンチのあるシェパード・フェアリーらしいアイコン的なイメージと、壁をドリルなどの重機で削りながらVHILSが作り出す、凹凸のある唯一無二のポートレート。その二人のアーティストが生み出す作品のコントラストは絶妙で、これまでにありそうでなかった新しいタイプのミューラルとなりました。

 

お互いの個性を消さずに、それぞれの力強さが融合したとてもクールな作品ですね。

現在、Underdogs Galleryで開催されているエキシビジョン「PRINTED MATTERS – LISBON」に伴いポルトガルを訪れているシェパード・フェアリーですが、VHILSと制作したミューラル以外にもいくつかリスボンの街中に作品を残しています。

 

ポルトガルのカラッとした空と街の空気感に実にマッチしたミューラルです。

 

鮮やかな赤色が映えます。
リスボンを訪れる機会がある方は、開催中のソロエキシビジョンと合わせて、シェパード・フェアリーとVHILSのミューラルを探して見てくださいね。街の散策もより楽しくなるはずです。

アートエキシビジョン in ヨーロッパ:シェパード・フェアリー(OBEY)のソロショーがリスボンにて開催中!
現在ポルトガルのリスボンにて、OBEYことShepard Fairey(シェパード・フェアリー)のソロエキシビジョン「PRINTED MATTERS – LISBON」が開催中です。 プリントテクニックの真髄が見られる展示 今回シェ...

 

しかし、VHILSは30歳とまだまだ若いアーティスト。これからのますます飛躍か楽しみですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました