イギリスで初めての大規模なバスキア展「Boom for Real」がロンドンで開催中!

現在、ロンドンのBarbican Center(バービカン・センター)にて、アメリカン人アーティストJean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)の展覧会「Boom for Real」が開催中です!

スポンサーリンク

Banksy(バンクシー)のオマージュ作品も話題に

現在開催中の「Boom for Real」は意外にもイギリスでは初めてとなるバスキアの大規模な展覧会。
バスキアは17歳の頃からニューヨークの地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始めました。同じくグラフィティーアーティストだったKieth Hering(キース・ヘリング)などの協力のもと、ニューヨークで個展を開催し、徐々に評価を高めていきました。
その後、ポップアートの王様として知られるAndy Warhol(アンディー・ウォーホル)に出会い、作品を共同で制作するなど良い関係を築いていましたが、1988年にヘロインのオーバードーズが原因で27歳の若さでこの世を去ってしまいました。アートに詳しくなくても、彼の名前をご存知の方も多いはず。

彼の作品にしばしば登場するトレードマークが王冠。
ユニクロのTシャツにもしばしば採用されており、街中でも彼の作品もふと目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回のエキシビジョンでは、世界中の美術館や個人コレクターから協力を得て、100点以上もの貴重な作品が展示されています。アンディー・ウォーホル、キース・ヘリングとのコラボレーションワークも見ることができます。
フィルムやフォトグラフィー、そして様々な素材を作品に取り入れたバスキアの作品は、彼が死してもなお、多くのアーティストやミュージシャンに影響を与え続けてきました。

今回の展覧会で大きな話題となった一つが、あの神出鬼没のストリートアーティスト、Banksy(バンクシー)のミューラルがバービカン・センターに突如登場したこと。

つい先月の話題になりますが、イギリス人ストリートアーティスト「Banksy(バンクシー)」の新作ミューラル(壁画)がロンドンに出現しまし...

バスキアのシンボルでもある王冠と代表作である「Boy and Dog in a Johnnypump」をモチーフにしています。もちろんゲリラ的に出現した作品なので、バービカン・センターとコラボしたオフィシャルの作品ではありませんが…
アクリルの板で保護され、現在もバンクシーのミューラルも見ることができるので、展覧会を鑑賞するついでにぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。
一度にこれだけのバスキア作品が堪能できるチャンスもなかなかありません。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!

「Boom for Real」
会期:2017年9月21日〜2018年1月28日
入場料:16ポンド ※詳細はこちらから

時間:10:00-22:00(日〜水)10:00-18:00(木〜土)
会場:Barbican Art Gallery
住所:Silk St, London EC2Y 8DS
ホームページ:www.barbican.org.uk
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る