アーバンアートフェア「Moniker International Art Fair」がロンドンで開催されました!

お久しぶりです。約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
と言いますのも…10月上旬にロンドンで開催されていたアーバンアートフェア「Moniker International Art Fair」に参加するための準備などでバタバタしていました。無事フェアも終わり、ひと段落ついたのでまたブログを再開していきたいと思います。

スポンサーリンク

アーバンアートフェアといえば

10月のロンドンはアートフェアの季節。芸術の秋は日本だけでなくヨーロッパも同じのようです。この時期は「Frieze London(フリーズ・ロンドン)」を筆頭にロンドン市内で様々なアートフェアが開催されます。

10月5日より、ロンドンのRegent's Park(リージェント・パーク)にて、イギリスで最大規模を誇るコンテンポラリーアートフェア「...

コンテンポラリーアートフェアといえばフリーズ・ロンドンですが、ストリートアート・アーバンアートフェアといえば今回ご紹介する「Moniker International Art Fair」が代表的です。
開催地もセントラルエリアではなく、ブリックレーンというまさにロンドンのストリートアートのメッカとも言える場所です。

第8回目となるMoniker International Art Fairですが、これまでは人気アーティストや有名ギャラリーしか参加できませんでした。しかし、今年からは若手のアーティストや新進気鋭のギャラリーなどにも展示の機会を与え、幸運にも私たちが手がける「u-k ART」もフェアに参加させてもらえることになりました。

参加したのは、Stolen Space Gallery(ロンドン)、Thinkspace Gallery(ロサンゼルス)、Lawrence Akin Gallery(ロンドン)、Graffik Gallery(ロンドン)、Stick Together Gallery(アムステルダム)などなど、ヨーロッパやアメリカに拠点を構えるギャラリーが中心です。

ギャラリーの他にもSickboy や Ian Kuali’iといったアーティストやスタジオも招待されていました。

ストリートアートのテイストがミックスされたアートフェアのため、他の現代アートフェアよりもクールで親しみやすいのが特徴です。ストリートアート系の作品が多いですが、アーバンコンテンポラリーといったジャンルの作品も多く展示されており、幅広い世代が楽しめるフェアとなっています。

u-k ARTでは、IOROIYUKI MATSUEDAという二人の日本人アーティストの作品をご紹介。
おかげさまで多くの来場者の方に喜んでいただきました。
オープニングレセプションではDJなども招待され会場は音楽が鳴り響き、厳かなコンテンポラリーアートフェアとは一味違った盛り上がりを見せていました。さすがイーストロンドンといった感じです。

毎年規模を拡大しているこちらのフェア。
なんと来年はロンドンを飛び出し、ニューヨークで開催されることが決定しています。u-k ARTとして参加するかはまだ未定ですが、ニューヨークでもきっと多くのアーバンアートファンを魅了することでしょう。詳細が分かり次第、詳しい情報をお伝えできればと思います。

「Moniker International Art Fair」
会期:2017年10月5日〜10月8日
会場:The Old Truman Brewery
住所:89 Brick Lane, E1 6LQ, London
ホームページ:www.monikerartfair.com
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る