オランダ生活 ロッテルダムに住み始めて感じる街の印象

東京からアムステルダムに移住し7か月間を過ごした後、私たちはオランダ第二の都市と言われるロッテルダムに引っ越しました。オランダ移住=アムステルダムと考えていたので、アムステルダムで過ごしている間も他の都市のことは殆ど知りませんでした。それどころか、ガイドブックでチラッと読んだロッテルダムはアムステルダムのようなオランダらしい景色も少なく、近代的な建物が多い街という情報の印象が強く、せっかくオランダに住んでいるのに東京と変わらない風景かと思ってしまい、あまり魅力を感じていませんでした。

ところが、仕事で何度か訪れるようになり、その後実際に暮らし始めてみると実は魅力的でオリジナリティに溢れる素敵な街という印象に様変わり。もちろんオランダらしい風景もあちこちに健在で、可愛らしい街並みのアムステルダムに後ろ髪惹かれることも早々に無くなってしまいました。

スポンサーリンク

ガイドブックではわからない魅力がたくさん

ロッテルダムには個性的でモダンな建物があったり、旧港や歴史的なヨーロッパらしい風景が残っていたり、場所によって街の表情が違っており新旧のコントラストがとても面白いです。

緑豊かでのんびりできる公園や遊歩道も多く、日光浴が大好きなヨーロッパ人に混ざってごろごろしたり、散歩やサイクリングを楽しむことが出来たり。アムステルダムに住んでいた時は、通勤ラッシュや帰宅ラッシュの自転車利用者のスピードや混雑がなかなか激しく、自転車事故も目撃してしまったこともあり、乗ることをためらっていましたが、ロッテルダムは広く平らに舗装された自転車専用道路が多いので、こちらに引っ越してきてからは自転車での外出も楽しみの一つになりました。

また、アムステルダムのカフェ記事で紹介してきたような、お洒落なロースタリー系カフェもロッテルダムにもたくさんあり、お気に入りのカフェを見つけることも。店内が広々としているお店が多いので、パソコン作業が必要なフリーランスの方でも混み具合を気にせず落ち着いて長居できます。

そして、私たちはアートの分野で仕事をしているため、アーティストや建築家、映像作家、デザイナーなどが行き交う雰囲気を街中に感じられることが特に気に入っています。数多く点在する建築デザイナーのオフィス、クオリティの高いストリートアート(壁画)、カフェでパソコン片手にデザインの仕事をする人々、アートなテイストの場所もあちらこちらに。オランダでメジャーなアートフェアもロッテルダムで開催されたりと、芸術分野の人にとっては良い刺激に溢れている街のように感じます。なので、そんな環境で生活できていることを今では嬉しく思います。

とても便利で住みやすい街なのに、アムステルダムよりも若干家賃相場が安く、1つの物件に対しての入居希望者数もアムステルダム程押し寄せることが無いので競争率も少し低めです。そのため、予算内で希望の条件を多く叶えられる物件に巡り合うことが可能です。

また余談ですが、アムステルダム同様ロッテルダムでも猫を飼っているお家が多く、私たちの家の庭が外で遊ぶ猫ちゃんたちの通り道になっており、プーちゃん、パチ子姉さん、マイケル、タンクトップ師匠、デッカちゃん、タキシード猫など、訪れる猫ちゃんたちに勝手にニックネームを付けて猫の居る日常を楽しんでいます。

ロッテルダムは、フランスやベルギーなどへも電車一本で行けるアクセスの良い街なので、今後はロッテルダム生活を掘り下げながらも、ここが拠点であることをより活かしながら近隣ヨーロッパへも活動の幅を広げていけたらなと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る