カフェ No.59:開放感のある中庭とインテリアが可愛いカフェ「Coffeelicious Rotterdam」

今回はロッテルダムにある広々とした中庭にあるテラス席が気持ち良いカフェ「Coffeelicious Rotterdam」をご紹介します。

スポンサーリンク

壁紙などのインテリアも可愛らしいカフェ

「Coffeelicious Rotterdam」の店内に入り、まず目に飛び込んでくるのは可愛らしいカラフルな壁紙と、その奥に広がる大きな中庭。天井は少し低めですが、広々とした庭のおかげで、それを感じさせない開放感があります。

1階だけでなく2階にもフロアがあります。天井も高く窓も大きいので日差しがたっぷりと差し込むとても明るい空間。シャンデリアや暖炉などもあり、少しゴージャスな雰囲気です。

予約をすればハイティーを一人19.95ユーロ(2時間制)で受け付けています。ジャムとクロテッドクリームが添えられたスコーンやサンドイッチ、ホームメードケーキなどが用意されており、ラインナップ的にはカジュアルなアフタヌーンティーといった感じでしょうか。天気の良い日は開放感のあるテラス席で優雅にハイティーを楽しむのも贅沢ですね。

また、すべてのスタッフがSCAE(Speciality Coffee Association Europe)と呼ばれるバリスタの資格を持っており、コーヒー豆はイタリア産のGoppionのものを使用しています。コーヒーのメニューが充実しており、エスプレッソ、ラテ、カプチーノ、フラットホワイトから、ロングブラック、コルタード、さらにはカプチーノよりもフォームミルクを多く使用してふわふわに仕上げたドライ・カプチーノといった普段カフェではあまり見ないような珍しいメニューも。

また、スイーツにもこだわっておりすべて自家製です。
お店の名前も付いた「Coffeelicious cake」はパイナップル、バナナ、ピーカンナッツの入った特製ケーキで、ボリューム満点で1個で2人前はありそうなサイズでしたが、程よい甘さでペロッといけてしまいました。

こちらのカフェはロッテルダム以外にも、ロッテルダムの少し南東にある街Dordrecht(ドルドレヒト)に2軒、ベルギーとの国境沿いにる小さな街Breda(ブレダ)にも1軒お店を構えています。
カフェのトレードマークでもある花と鳥が描かれた色彩豊かな鮮やかな壁紙はすべての店舗のインテリアにも使われており、見ているだけで華やかな気持ちになるカラフルさですね。

スタッフはとても気さくで明るい人ばかり。場所柄なのか、スタッフが皆英語が上手なためなのかはわかりませんが、イギリス人のお客さんもたくさん利用していました。アムステルダムではよく遭遇した状況ですが、ロッテルダムでネイティブな英語が飛び交っているカフェは久々でなんだか新鮮な気持ちになりました。
静かな中庭で、日差しを浴びながらのんびりとした時間を過ごしたい方は、ぜひ「Coffeelicious Rotterdam」に足を運んで見てくださいね。

お店情報
店名:Coffeelicious Rotterdam
営業時間:7:30-17:00(火〜金)10:00-17:00(土〜日)
住所:Nieuwe Binnenweg 174, 3015 BJ Rotterdam
ホームページ:www.coffeelicious.nl
WiFi:あり
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る