マーケット No.11:オランダやベルギーで開催される移動式のライフスタイルマーケット「Swan Market」

オランダやベルギーの各都市で場所を変えながら開催される少し珍しいタイプのマーケットが今回ご紹介する「Swan Market」です。

スポンサーリンク

ロッテルダムを中心に、様々な都市で開催

Swan Marketは、ファッション、アンティーク、アクセサリー、ジュエリー、レコード、お手頃なアート作品から、オーガニックフードやフェアトレードのケータリング、音楽ライブなどを楽しむことができるライフスタイルマーケット。

マーケットといえば、新鮮でお買い得な野菜・フルーツなどの食料品を販売する地元に根付いたタイプが一般的ですが、このSwan Marketは様々な都市を移動しながら開催されるという新しいスタイルです。

このマーケットを企画している団体が、ロッテルダムに拠点を置いているため、ロッテルダムを中心に開かれることが多いですが、その他にもデン・ハーグ、ユトレヒト、ティルブルフなどのオランダ国内だけでなく、ベルギーのアントワープなどでも開催されています。
また、2014年に登録されたばかりのロッテルダムの世界遺産「Van Nelle Fabriek(ファン・ネレ工場)」でもマーケットが開かれています。建物を見に行くだけでもその価値がある、オランダが世界に誇る素晴らしい近代建築です。

オランダの世界遺産と言われてまず思い浮かぶのが、「アムステルダムの運河」と「キンデルダイクの風車」などのオランダらしい歴史ある景色や風景...

ファン・ネレ工場では10月15日、11月12日、12月10日の開催を予定しています。世界遺産とマーケット、一度に二つも楽しめるのはとても贅沢です。また、寒い時期ということもあり屋内というのも何気にありがたいですね。

以下が2017年の8月以降のスケジュールです。

8月6日:ロッテルダムのParklaan(パルクーラン通り)
8月13日:デン・ハーグのPlein(プライン広場)
8月20日:ユトレヒトのVredenburg(フレーデンブルグ通り)
9月3日:ロッテルダムのMuseumpark(ムーセウムパルク通り)
9月10日:アントワープのGrote Mark(フローテ・マルクト広場)
9月17日:デン・ハーグのPlein(プライン広場)
9月24日:ユトレヒトのVredenburg(フレーデンブルグ通り)
10月15日:ロッテルダムのVan Nelle Fabriek(ファン・ネレ工場)
10月29日:ティルブルフのSpoorzone(スポールラーン通り)
11月12日:ロッテルダムのVan Nelle Fabriek(ファン・ネレ工場)
12月10日:ロッテルダムのVan Nelle Fabriek(ファン・ネレ工場)
12月17日:ティルブルフのSpoorzone(スポールラーン通り)

時間などの詳細はマーケットの公式ホームページから確認してみてください。
歴史あるマーケットというよりも、スタイリッシュな現代風のマーケットといった雰囲気でしょうか。若いクリエイティブな人たちがこうやって協力し、街を盛り上げるイベントを企画・運営していく行動力はさすがです。「Swan Market」開催時期にその都市を訪れる予定の方はぜひ足を運んでみてくださいね。

マーケット詳細
Swan Market
時間・住所:公式HPをご確認ください。
ホームページ:www.swanmarket.nl
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る