アートエキシビジョン in ヨーロッパ:MARTIN WHATSON × SANDRA CHEVRIERのコラボ展「Junction」が開催中!

現在、ノルウェーのNUART Galleryにて開催中のノルウェー人アーティストMartin Whatson(マーティン・ワトソン)とカナダ人アーティストSandra Chevrier(サンドラ・シュブリエ)によるコラボレーション展「Junction」が、好評につき会期延長となりました!

スポンサーリンク

人気若手ストリートアーティストのコラボ

マーティン・ワトソンは1984年生まれ。地元、ノルウェー出身のストリートアーティストで、今勢いに乗る若手アーティストの一人。ステンシルの技法とカラフルなタギングが特徴で、これまで多くのアーティストともコラボレーションワークを手がけてきました。
以前彼についての紹介記事もまとめたので、詳細はそちらでチェックしてみてください。

今回ご紹介するのはノルウェー出身の若手ストリートアーティスト「MARTIN WHATSON(マーティン・ワトソン)」です。 前回ご紹...

一方、サンドラ・シュブリエも現在知名度を急激に上げている1983年生まれの若手女性アーティスト。
ポートレートにアメコミのヒーローを描き加える彼女のアイコン的な作風は、アメコミファンにはたまらないはず。ポップなイメージはもとより、その画力も素晴らしく、手描きとは思えないクオリティの高さです。

そんな人気若手アーバンアーティストの二人のコラボレーション展「Junction」。6月28日より展示がスタートし、会期終了は7月29日の予定でしたが、好評につき8月5日まで会期が延長となりました。

過去にも二人は何度かコラボレーション作品を制作しており、人気を博してきました。サンドラの描くポートレートに、マーティンのカラフルなタギングは見事に二人の作風にマッチしています。

今回はマーティンが描いた人物のステンシルに、サンドラがアメコミヒーロー達を描く新たなコラボも展開し、ストリートアートコレクターにとっては是が非でも欲しいものばかり。やはり展示作品はほぼ完売してしまったそうです。

NUART Galleryは世界最大級のストリートアートフェスティバル「NUART」を主宰しているマーティン・リードが経営するギャラリーです。サンドラも2003年に彼が行なったプロモーションをきっかけに世界的に人気のアーティストとなりました。

今回の展示に合わせて、二人のコラボミューラル(壁画)も制作されています。
ギャラリーのあるStevanger(スタヴァンゲル)は小さな都市ではありますが、ストリートアーティストやファンにとっても一度は訪れたい街として知られています。なかなか訪れる機会はないと思いますが、街中でも数々のミューラルに出会うことができますし、チャンスがあればぜひNUART Galleryに足を運んでみてくださいね。

「Junction」
会期:2017年6月28日〜8月5日

時間:11:00-17:00(水〜金)10:00-16:00(土)
会場:NUART Galler
住所:Salvågergata 10, 4006 Stavanger
ホームページ:https://nuartgallery.no
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る