港の倉庫跡にあるロッテルダムのクールなフードコート「Fenix Food Factory」

今回はロッテルダムにある元倉庫だった建物を利用したクールでオシャレなフードコート「Fenix Food Factory」をご紹介します。

スポンサーリンク

巨大な倉庫にこだわりの食材とフードが集まる

「Fenix Food Factory」はロッテルダムの埠頭エリア、Katendrecht(カーテンドレヒト)に位置します。元々このエリアはレッドライト・ディストリクト(娼婦街)や船の積荷を保管する倉庫街でしたが、現在は再開発が進みおしゃれエリアとして知られている地域です。そんな倉庫跡をリノベショーンして2年前に誕生したスペースがFenix Food Factoryと呼ばれるフードコートです。

さすが港にある元倉庫というだけあり中は広々。デザインもインダストリアル系のクールな内装です。フードコートには12個のお店が入っており、カフェ、ベーカリー、レストラン、チーズ屋、ブックショップ、バーなど様々。

チーズや野菜、コーヒー豆など、どれも農家から直接仕入れたこだわりの食材を使用しています。他にも、円形のワッフル生地の間にシロップを挟んだオランダ名物のストロープワッフル専門のお店や、サイダー専門のバーも。また、倉庫内にはブリューワリーも併設されており、自家製のクラフトビールを味わうこともできます。

Fenix Food Factoryに入っているお店はこちら。

BOOIJ KAASMAKERS:
酪農家が経営する、新鮮なミルクを使ったチーズ屋さん。

STIELMAN KOFFIEBRANDERS:
自家焙煎のコーヒー豆を扱うロースタリー。

RECHTSTREEX:
農家から直接野菜から仕入れているレストラン。

CIDER CIDER:
オランダ産のアップルサイダーを扱うサイダー専門のバー。

JORDY’S BAKERY:
小麦などの素材にこだわる親子三代続く老舗ベーカリー。

BOSCH&DE JONG BOEKVERKOPERS:
文学や小説の他にも個性的なラインナップを揃える本屋。

MENEER TANGER:
家族のいるモロッコから送られてくるナッツやスパイス、オリーブを販売するタパス屋。

ZAAK.ACHT:
フードコートでのイベントやワークショップを企画・運営。

KAAPSE BROUWERS:
併設された醸造場でクラフトビールを造るブリューワリー。

FIRMA BIJTEN:
屋外にあるテラスでこだわりの肉料理を使ったBBQが楽しめる。

THE KAAPSE KITCHEN:
様々なジャンルのシェフが揃うレストラン。

STROOP ROTTERDAM:
オランダ名物ストロープワッフル専門店。ラベンダーやシーソルトなどの珍しいシロップも味わえる。

とどれも試して見たくなるお店ばかりです。地元の新鮮な食材などを使用しているのも大きな魅力ですね。建物内にはテーブルもたくさんありますが、外にはテラス席も用意されています。天気の良い日はロッテルダムの港の景色を眺めながら、食事やお酒を楽しめる贅沢な時間を堪能できます。

公共交通機関で行く場合、地下鉄のRijnhaven駅が最寄りですが、レンタサイクルで周辺の港散策するのも気持ち良いですよ。近代都市の名にふさわしいクールなロッテルダムを体感してみてくださいね。

お店情報
店名:Fenix Food Factory
営業時間:10:00-23:00(火〜土)12:00-23:00(日)
住所:Veerlaan 19D, 3072 AN Rotterdam
ホームページ:www.fenixfoodfactory.nl
WiFi:あり
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る