たくさんの木々と湖が美しいロッテルダムの公園「Kralingse Bos(クラーリングセ・ボス)」

モダンな建物が立ち並び近代的なイメージが強いロッテルダムですが、実は街中を歩くと木々が立ち並び、緑豊かな公園が多いことに気が付きます。そんなロッテルダムの中でも、広大な敷地を誇る美しいオススメの公園「Kralingse Bos(クラーリングセ・ボス)」を今回はご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

総面積は約200ヘクタール

クラーリングセ・ボス公園はロッテルダムの北東エリアに位置する巨大な公園。その総面積はおよそ200ヘクタールにもなるそうです。東京ドームの広さに換算すると、なんと約43個分という大きさに。かなり広大だということがお分かりいただけると思います。

公園の約半分は湖が占め、残りの半分は木々と芝生などの緑で覆われています。
お日様大好きなオランダ人は仲間と集まってバーベキューをしたり、カップルや家族連れなどは芝生に寝転がりながら日光浴したり、それぞれ自由に時間を過ごしています。また、水着で湖を泳いでいる人なんかもたくさん見かけます。

特に天気の良い日は青空とグリーンのコントラスト、そして光がキラキラと反射する湖面が美しく、とてもリラックスできる贅沢な時間を過ごすことができます。
木陰でゆっくりと読書したり、お弁当を持ってピクニックなんかも最高です。

ロッテルダムのセントラルエリアからは少し離れていますが、自転車があれば中心地からでも10〜15分ほど。自転車をレンタルすればそれほど遠くありません。
公園内は自転車専用道路も整備されているのでサイクリングにもってこい。そして、公園内にはカフェやパンケーキ屋さん、レストランなどもあるので、小腹が空いても心配いりません。
また、夏のシーズンは音楽ライブなどのイベントが開催されるなど、地元ロッテルダムっ子にとっては憩いの場となっています。

公園の一部のエリアでは鹿さんたちにも出会えます。

公園までのアクセス

ロッテルダム中央駅から公共交通機関で行く場合は、地下鉄DもしくはEラインに乗り、Beurs駅で乗り換え、A、B、Cのいずれかのラインに乗ってVoorschotelaan駅で下車。そこから北へ向かって数分歩くと公園が見えて来ます。
モダンな都市にこんな緑豊かなところがあったのかと、まさに別世界に来たような感覚を味わえる「クラーリングセ・ボス公園」。ロッテルダムを訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

「Kralingse Bos(クラーリングセ・ボス)」
住所:Langepad 9, 3062 CJ Rotterdam
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る