アートエキシビジョン in ヨーロッパ:アンディー・ウォーホル「The Prints of Andy Warhol and other PopArtists」が開催中!

現在、アムステルダムのBeurs van Berlage(ブールス・ファン・ベルラーヘ)にてアンディー・ウォーホルとポップアーティストによるエキシビジョン「The Prints of Andy Warhol and other PopArtists」が開催中です!

スポンサーリンク

アンディー・ウォーホルのプリント作品を中心に展示

会場であるブールス・ファン・ベルラーヘは元々、証券取引所として使用され、アムステルダム市民の経済を支えてきました。また、ウィレム・アレクサンダー国王とマクシマ王妃の民事婚が行われた場所としても知られ、ガイドツアーなども行われている歴史ある建物です。

そんなブールス・ファン・ベルラーヘで7月2日より開催されているこの展覧会は、ポップアートの旗手とも言える大物アーティスト、アンディー・ウォーホルの作品がメイン。シルクスクリーンプリントやポスター、サイン本やペーパー作品などのプリント作品100点以上に加え、ロイ・リキテンスタインやキース・ヘリングなどのポップアートを代表するアメリカ人アーティストたちの作品が展示されています。

Factory(ファクトリー)と呼ばれるシルクスクリーンを大量に制作していた彼のスタジオは有名ですが、そこで生まれた1960年から1987年までの作品が今回のエキシビジョンでも展示されています。ファクトリーにはローリングストーンズのミックジャガーなどの著名人もよく訪れており、ウォーホルは彼らの作品を数多く残しています。

一見オランダとポップアートは関連性があまりないように思えますが、そこには意外な接点が。実は1985年にウォーホルはオランダのベアトリクス前女王のポートレート作品を手がけています。
「Reigning Queens」と呼ばれるこのシリーズは、ベアトリクス前女王以外にもイギリスのエリザベス女王など当時在位していた4人の女王がモデルとなった計16枚のシルクスクリーンプリント作品です。

また、1986年にはキース・へリングがアムステルダムを訪れ、巨大なミューラル(壁画)を残しています。さらに、遡ること1967年、Stedelijk Museum(アムステルダム市立近代美術館)にて、ロイ・リキテンスタインの大規模なオリジナルポスター展が開かれるなど、意外にもアムステルダムとポップアートは昔から繫がりがあるようです。

プリントとは言え、これだけの数のポップアート作品を生で見られる機会なかなかありません。アムステルダム滞在中にお時間のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

「The Prints of Andy Warhol and other PopArtists」
入場料:15ユーロ

会期:2017年7月2日〜9月30日
時間:10:00-18:00
会場:Beurs van Berlage
住所:Damrak 243, 1012 ZJ Amsterdam
ホームページ:http://andywarhol.amsterdam
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る