KAWSも参加!「Frieze Sculpture 2017」がロンドンにて開催中!

現在、有名アーティストたちのスカルプチャー作品がご覧いただける「Frieze Sculpture 2017」がロンドンのRegent’s Park(リージェント・パーク)にて開催中です!

スポンサーリンク

イングリッシュガーデンに集まる巨大な彫刻作品

Frieze Sculpture 2017」では、様々なアーティストによる25もの彫刻作品が展示されており、10月に行われるアートフェア「Frieze London」に先駆けて開催されています。

作品は Yorkshire Sculpture Park(ヨークシャー・スカルプチャーパーク)のディレクターである Clare Lilley よってセレクションされており、世界をリードする Gagosian や Galerie Perrotinといったギャラリーの協力のもと、以下のアーティストたちが参加しています。

参加アーティスト:
Magdalena Abakanowicz / Rasheed Araeen / Reza Aramesh / Miquel Barceló / Anthony Caro / John Chamberlain / Tony Cragg / Michael Craig-Martin / Urs Fischer / Gary Hume / KAWS / Takuro Kuwata / Alicja Kwade / Mimmo Paladino / Eduardo Paolozzi / Jaume Plensa / Thomas J Price / Peter Regli / Ugo Rondinone / Sarah Sze / Hank Willis Thomas / Bernar Venet / John Wallbank / Emily Young

今年はストリートアーティストとしても有名なKAWS(カウズ)の作品も展示されています。ヨークシャー・スカルプチャーパークといえば昨年 KAWSの大規模な展覧会が開催されているオープン・エア・ギャラリー。おそらくディレクターが彼の作品をとても気に入っており、今回の展示にもセレクションされたのでしょう。

今回ご紹介するのはアメリカ出身のストリートアーティスト「KAWS(カウズ)」です。最近では2016年にユニクロとコラボしデザインを手がけ...

そして、会場となるのがロンドンの中心からも程近い大きな公園リージェント・パーク。
王立公園としても知られるリージェント・パークは、ロンドンの数ある公園の中でも最も綺麗な公園と言われているイングリッシュガーデンです。
訪れるだけでもイギリスの雰囲気を満喫できる場所でもありますが、個性的なスカルプチャー作品と手入れされた美しい公園とのコントラストは、アートな街ロンドンならではと言えるでしょう。

公園なので入場料はもちろん無料です。
ロンドンの爽やかな夏の気候とスカルプチャー作品を堪能しに、リージェント・パークに足を運んで見てはいかがでしょうか。

「Frieze Sculpture 2017」
会期:2017年7月5日〜10月8日
入場料:なし
会場:Regent’s Park
住所:Chester Rd, London NW1 4NR, UK
ホームページ:https://frieze.com/article/frieze-sculpture-2017-0
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

こんな記事も読まれてます
こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る