アートエキシビジョン in ヨーロッパ:ジャコメッティ「GIACOMETTI」がテート・モダンにて開催中!

ロンドンの現代アート美術館 Tate Modern(テート・モダン)にてアルベルト・ジャコメッティの展覧会「GIACOMETTI」が開催中です。

スポンサーリンク

イギリスでは初の大規模な回顧展

Alberto Giacometti(アルベルト・ジャコメッティ)はスイス出身の彫刻家で、主にフランスで活躍したアーティスト。ピカソ、アンリ・マティス、エドガー・ドガと並ぶ20世紀を代表とする彫刻作品を残した人物の一人です。
見ていると何だかクセになるこれでもかと細長いスラッとした彫刻は、一度は美術館や写真で目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんなジャコメッティの作品を見ることができる展覧会「GIACOMETTI」がロンドンのテート・モダンで開催しています。意外にもイギリスでは初めてとなる大規模な回顧展で、フランスのジャコメッティ財団協力の元、普段はなかなかお目にかかることのできない約250作品が一堂に会する貴重なエキシビジョンとなっています。

彫刻のイメージが強いジャコメッティですが、展覧会ではこれまでどこにも展示されたことのなかったドローイングや初期作品「Head of Woman」(1926年)、そしてアイコンとも言える作品「Walking Man」(1960年)などジャコメッティの世界を存分に味わえる展示となっています。
会期は9月10日まで。テート・モダンがコレクションしている常設展は入場料無料なので、合わせてチェックしてみてくださいね。ロンドンを訪れた際はぜひこの機会をお見逃しなく。

「GIACOMETTI」
入場料:18.5ユーロ

会期:2017年5月10日〜9月10日
時間:10:00-18:00(日〜木)10:00-22:00(金〜土)
会場:Tate Modern
住所:Bankside, London SE1 9TG
ホームページ:www.tate.org.uk
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る