オランダ移住(渡航後)No.24 健康保険加入後のホームドクター登録

オランダでは日本と違い、必要な時に自分で選んだ病院やクリニックに突然行くことは出来ず、まず自分の居住地域で登録したホームドクター(一般開業医)へ行く必要があります。そこで診察してもらい、必要ならば紹介されたクリニックなどへ改めて行くという、工程がワンクッション多く手間も時間も掛かるシステムになっています。

そのため、出来るだけ病院には行かずに済むよう過ごしたいものですが、もし行く必要があるときにホームドクターを登録していないと余計に大変ですので登録だけでもしましょう。登録は健康保険への加入後でしたらいつでもできます。今回は、私たちがどのようにホームドクター登録をしたのかご紹介します。

スポンサーリンク

決め手は距離とホームページ

こういった馴染みのないシステムへの登録作業というのは正直ちょっと面倒くさく、どこを選ぶのが正解だったのかも実際に病院での診察を受けてみるまではあまりわからないです。同じ居住地域に友人や知人、大家さんなどが住んでいて、彼らが登録しているホームドクターやおすすめのホームドクターを紹介してもらうことが出来る方はそれが一番良いかもしれません。

私たちは、そういった環境ではなかったので手っ取り早く見つけられそうなグーグルマップ検索で決めました。ホームドクターを意味するオランダ語の「huisarts」で検索をかけると、自分たちの家の周りにいくつか出てきたので、その中で徒歩でも行ける近場の何件かにしぼり、それぞれの病院のホームページを調べてみました。因みにグーグルマップでレビュー1件&星の数5という病院が多いですが、身内が書いているだけだろうなという感じがするのでレビューは参考にしていません。体調不良や急を要する時にアクセスしやすい距離の近さを優先しました。

それぞれのホームページを見てみると、英語対応になっている病院や新規患者登録のページが簡単で分かりやすいもの、過去の病歴やアレルギーなど事細かく記入する必要がある病院など様々。大量に記入するのは大変なので、比較的わかりやすくて、家族まとめてオンラインで一度に登録できる病院に登録申請しました。

どこの病院も登録の必要条件の中に、前回のホームドクターからの紹介状やカルテが必須とありますが、こういった理由で今回が初めての登録ですと備考欄に記入しておいたので特に問題ありませんでした。あとは、住所や名前など基本的な情報と健康保険のカードに記載されているインシュランスナンバーが必ず必要です。病院からの返信連絡は10日後くらいにやっと来ましたが、これで無事に登録完了したとのことです。

とりあえず一安心ですが、海外では特に病院には出来るだけ行かずに過ごしたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る