オランダ生活 風邪の引き始めに効果的なエキナセアエキス

オランダではあまり薬に頼らず、普段から自分の体調管理には気を付けましょうという意識が高いように思います。インフルエンザになって病院に行っても薬を処方されないこともあるとかで正直驚きましたが、疲れや冷え、偏った食事などで自分の免疫力を下げたりしないよう気を付けないといけないなと思いました。

そうは言っても、実は昨年の真冬の移住から半年の間に2回ほどいわゆる普通の風邪ですが引いてしまい体調不良になったことがありました。今回はそんな時に役に立ったオランダではポピュラーな自然由来の風邪薬、エキナセアエキスをご紹介します。

体は免疫力の高さが一番の要

エキナセアは北米原産のキク科の植物なのですが、メディカルハーブという別名を持つほどの万能薬として欧米では有名です。痛みや咳、熱などにピンポイントで効く即効性のある薬ではなく、体が本来持つ免疫力を根本から高め、ウィルス感染の予防や治癒、アレルギー緩和などの働きがあると言われています。

そんなすごい効能を持つエキナセアの濃縮エキスやサプリメントが、オランダではドラッグストアEtosなどで気軽に購入することが出来ます。私が購入したのはエキナセアエキスと、豊富なビタミン&ポリフェノールを含む強い抗酸化作用を持つエルダーベリーのエキスがミックスされた濃縮エキスです。それをティースプーン一杯程お湯に溶かして、一日2~3回飲むだけなのですが、ハーブティーのように飲みやすく、喉の痛みや咳も1~2日で緩和され、副作用も全くないので安心して服用できました。

日本から持参した薬が切れてしまったり、海外の薬が体に合うかわからず闇雲に試すこともできない時は、こういった自然由来のものが良いかもしれませんね。エキナセアは免疫力を高めてくれる働きがとても高いので、風邪の引き始めだけでなく、疲れが溜まった時などに風邪予防として飲んでおくのも効果的だそうです。

6月のオランダは真夏のように暖かくなったかと思ったら、翌日は20度以下で肌寒くなったりと毎日気温のアップダウンがあるので、油断しないように心掛けたいですね。

*キク科植物にアレルギーのある方や、糖尿病などに掛かっている場合はエキナセアの服用に注意する必要があります。

トップへ戻る