オランダ移住(渡航後)No.23 ビザの維持や更新にも影響する健康保険への加入方法

日本では雇用状態によって国保や社保など国が定める保険への加入が義務付けられていますが、オランダでは様々な民間の保険会社が提供する健康保険を自分で選んで加入する義務があります。このことは、オランダ移住をするまでは知りませんでした。実際にオランダに来てから、色々と情報を調べているうちにわかったことなのですが、個人事業主ビザが無事に発行されたら必ず加入しなければいけません。ビザが発行されたということは、オランダ市民と同じようにIDになる個人番号のBSNナンバーも取得しているということですし、市民と同じことをする義務があるのは当然と言えば当然ですよね。

こういうことは避けて通ることはできませんし、せっかく取得できたビザの維持や更新にも影響があるのでしっかり加入しましょう。今回は、私たちがどのように健康保険に加入したのかをご紹介します。

スポンサーリンク

とっても便利。オンラインでサクッと加入

オランダの健康保険はどこの保険会社でもベーシックプランとして€100/月前後から紹介されています。ベーシックプランとは、もし病気やケガで保険が必要な時は医療費の€385までは自己負担で、それ以上掛かった分は健康保険でカバーされるというのが基本です。

また、個人事業主ビザが発行された日付から加入するのが本来の条件です。ビザ発行後に保険加入まで3か月ほどはどこの会社にしようかな~、いつ入ろうかな~と迷ったり遅らせたりしても、保険会社などから注意勧告のレターが届いたりはしない、いわゆる猶予期間があるけれど、加入の申込み時にしっかりビザ発行日まで調べられているので、3か月間加入を先延ばしにしても結局ビザ発行日からの保険料を支払うことに変わりはありません。

私たちはIndependerというサイトを利用して保険会社を選びました。グーグル翻訳をしてinsuranceというカテゴリーの中の、Health insuranceというところをクリックして進みます。ここでは生年月日や郵便番号などある程度の基本情報を入力すると、色々な保険会社のプランを一覧できるようになっています。その中から値段や、加入者のレビュー、自分の加入保険を適用してくれる病院の数(パーセンテージ)など詳細を見てから納得のいくプランを選択して、そのまま申込ページに進むことが出来ます。

無事に申し込みが完了するとIndependerからお知らせメールが届き、1週間後くらいには加入した保険会社からもプラン詳細のメールが届きます。キャンセル等しなければ、詳細メール受信後、数日もすると保険証のようなカードも郵便で届きます。

ここまでの一連の流れをオンラインでの手続きで全て完了してしまうので、思っていたよりもずっと効率よく簡単に済ませることができました。保険加入後には自分の居住地域でホームドクター登録も必要になってきますが、その際、保険カードに記載されているインシュランスナンバーを使用するので、カードは紛失しないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る