若手アーティストを中心とした勢いのある展示が見られる現代アートスペース「TENT」

ロッテルダムに引っ越してからカフェの記事が続いてしまったので、今回はアートの話題をご紹介します。
Museum Boijmans Van Beuninge(ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館)やkunsthal(クンストハル美術館)、Nederlands Fotomuseum などロッテルダムには数多くの美術館が存在します。また、オランダ最大級の現代アートフェア「ART ROTTERDAM」が開催されるなどアートが盛んな街としても知られています。

現在、ロッテルダムにてオランダ最大級の現代アートフェア「ART ROTTERDAM 2017」が開催中です。 ヨーロッパ各都市のギャラ...

スポンサーリンク

ロッテルダムのセントラルにあるクールなアートスペース

そんなアートな街ロッテルダムにある有名なスペースが、今回ご紹介する「TENT 」と呼ばれる現代アートのプラットフォームです。

この「TENT」と呼ばれるスペースは、ロッテルダムと関わりのある若手アーティストを中心としたエキシビジョンを開催しており、荒削りながらも若手らしい勢いのある展示を見ることができます。

ロゴもおしゃれで格好良いです。

私たちが足を運んだときは「BLUEPRINT: WHOSE URBAN APPROPRIATION IS THIS?」と題した展示が開催されていました。アーバンアートやヒップホップ、アーキテクチャーなどのロッテルダムのアーバンカルチャーを題材としたグループ展で、この街ならではのクールなエキシビジョンでした。

外観から想像するよりも建物は広く、かなり見応えがあります。
また、「Witte de With Center for Contemporary Art」と呼ばれるスペースも併設されており、そちらも合わせて見ることができます。

毎週金曜日が狙い目!

通常、TENTの入場料は5ユーロ、Witte de With Center for Contemporary Art とのコンビチケットは9ユーロ掛かりますが、なんと毎週金曜の18:00-21:00は「ART NIGHT」と呼ばれるイベントが開催されており、入場料は無料!

もし時間の都合が付く方は、この時間帯に訪れて見てくださいね。
また、スペースにはブックショップも併設されています。ロッテルダムでしか手に入らないようなレアでマニアックな本も見つかるかもしれません。展示と合わせてチェックしてみて下さい。
ロッテルダムを訪れた際は現代アートスペース「TENT」で若手アーティストたちの勢いを肌で感じてみてくださいね。

「 TENT 」
営業時間:11:00-18:00(火〜日)
※毎週金曜開催「ART NIGHT」は18:00-21:00(入場料無料)

入場料:5ユーロ(コンビチケット:9ユーロ)
住所:Witte de Withstraat 50, 3012 BR Rotterdam
ホームページ:www.tentrotterdam.nl
WiFi:あり
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る