オランダのカフェ コーヒー以外にもこだわりが光るケーキメニューたち

アムステルダムを中心にこちらのブログでは様々なカフェのコーヒーをご紹介してきましたが、実はコーヒー以外にもそれぞれのお店で自慢のケーキを揃えていることが多いので、今回はカフェのケーキ事情をご紹介。

日本にも最近は少しずつベジタリアン、ヴィーガン用のカフェなどが増えていると思いますが、オーガニック、ヴィーガン、ナチュラル、といった健康意識がオランダは日本よりも日常的で進んでいる気がします。グルテンフリー、エッグフリーなどのケーキがメニューにさりげなく入っていることも多いです。また、ペーストリーに力を入れているカフェはスーパーフルーツのデーツ(ナツメヤシ)を砂糖代わりに使用したシュガーフリーのケーキや、オーガニック素材にこだわったケーキを揃えていることも。

こちらのカフェのケーキはオランダらしい日本よりも大きめサイズの傾向です。ちょっとしたカフェ休憩にしては、ひとりで食べきるにはお腹がパンパンになり過ぎることもあるので二人でシェアすることもよくあるのですが、そのくらいが日本人にはちょうど良い量かもしれません。シェアするならフォーク2つ付けてあげるね!と笑顔で気配り上手な接客をしてくれる店員さんも多いです。

スポンサーリンク

どれにしようか迷ったときはこのメニュー

オランダの代表的なケーキと言えば外はサクサク中しっとりのアップルパイ。アップルパイで有名なカフェ、Winkel43もとても美味しいですが、どこのカフェに行ってもアップルパイでハズレることは無いと思います。フォンデル公園近くのCoffeeConceptsでは中のしっとり感がより際立つタイプ、ウェスター公園内のEspressofabriekではケーキサイズも中のリンゴもゴロっと大きめ&運が良ければ焼きたてのアップルパイが食べられるのでおすすめです。

そして、オランダはチーズが美味しいのでチーズケーキ。Jordaan(ヨルダーン地区)にあるTwo For Joy Coffee Roastersではずっしりとした濃厚なチーズケーキを楽しむことが出来ます。日によって上に乗っているソースがブルーベリーだったりマンゴーだったり。ラテと頼むと乳製品まみれでお腹モッタリになるのでミントティーなどと一緒に頼むのがおすすめです。

最後に、ヴィーガン&ヘルシー系ケーキならキャロットケーキ。キャロットケーキもヨーロッパでは定番ですが、カフェによって味や食感が結構異なるので面白いです。WestエリアにあるMonks Coffee Roastersではしっとり系で大きめの地元っ子に人気のタイプ、ウェスター公園近くのKoffie ende Koeckではオーガニック素材にこだわったタイプ、そしてとても質の高いコーヒーで有名なBocca Coffeeでは、ナッツやシードがゴロゴロたっぷりの食感を楽しめるキャロットケーキがありおすすめです。

アムステルダムはどこを見ても絵になる景色が多くついつい歩き過ぎてしまうので、観光や街中散策で疲れたときは、美味しいケーキとコーヒーでホッと一息休憩をしてエネルギー補給してくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る