「アート界のオリンピック」第57回 ヴェネツィア・ビエンナーレが5月13日より開催!

イタリアのヴェネツィアにて、現代アートの国際美術展覧会「La Biennale di Venezia(ヴェネツィア・ビエンナーレ)」が、いよいよ開催されます!

アートの万国博覧会

第57回目となる今年のヴェネツィア・ビエンナーレ。開催期間は5月17日から11月26日までとなっています。
現在世界各地で開催されているビエンナーレやトリエンナーレの先駆けとなる国際美術展覧会で、ビエンナーレとはイタリア語で「二年に一度」を意味し、ヴェネツィア・ビエンナーレは二年に一度の間隔で、奇数年に開かれています。
ちなみにトリエンナーレとは「三年に一度」という意味になります。

1895年に第一回がスタートした120年以上もの歴史ある展覧会。今年は85以上もの国々が参加します。
参加形式はオリンピックや万博同様、国単位となっており、各国のアーティストやキュレーターの中から代表となる人物を選出します。


アートとはいえ、国同士がそれぞれの威信をかけてエキシビジョンを開催し、賞レースを競うことから「美術のオリンピック」とも呼ばれており、スポーツとは違うまた別の戦いがヴェネツィアの街で繰り広げられる、まさに美しい水の都にふさわし展覧会ではないでしょうか。

ビエンナーレのメイン会場は、ジャルディーニ(ヴェネツィア最大の公園)とアルセナーレ(旧国立造船所)となり、各国のパビリオンが建てられています。これらの会場に自国のパビリオンがない場合は、ヴェネツィア市内にある邸宅などで、アーティストのエキシビジョンが開催されます。
日本のパビリオンは独立法人であるジャパン・ファンデーション(国際交流基金)が担当しています。今年は岩崎貴宏が日本代表アーティストとして出展、金沢21世紀美術館の鷲田めるろがキュレーションを担当し、展覧会タイトルは「Turned Upside Down, It’s a Forest/ 逆さにすれば、森」。日本のパビリオンはメイン会場であるジャルディーニとなります。

ヴェネツィア・ビエンナーレでは、美術部門だけでなく、建築・映画・ダンス・音楽・演劇などの独立したカテゴリーに分かれており、様々なアートを楽しむことができます。
毎回、優れた展示をしたパビリオンには金獅子賞(優秀賞)が送られ、2015年の開催では国別パビリオン部門ではアルメニア館、企画展参加アーティスト部門ではエイドリアン・パイパーがそれぞれ受賞しました。今年はどの国・アーティストがその栄誉に輝くか注目です。

会期は7ヶ月以上と長期間の開催となっているので、期間中にヴェネツィアの街を訪れる方は、ぜひ美術のオリンピック「ヴェネツィア・ビエンナーレ」でどっぷりとアートに浸ってみてはいかがでしょうか。

「La Biennale di Venezia
会期:2017年5月17日〜11月26日
入場料:チケット詳細はこちらから

時間:10:00-18:00
※アルセナーレ会場は9月30日まで10:00-20:00(金・土のみ)
オープン

会場:ArsenaleGiardini etc.
ホームページ:www.labiennale.org/en/Home.html

また、ビエンナーレの同時期に、イギリスを代表する世界的な現代アーティスト Damien Hirst(ダミアン・ハースト)の大規模な展覧会も開催されています。こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

アートエキシビジョン in ヨーロッパ:ダミアン・ハースト「TREASURES FROM THE WRECK OF THE UNBELIEVABLE」がヴェネツィアにて開催!
2017年4月9日より、イタリアのヴェネツィアにてDamien Hirst(ダミアン・ハースト)のエキシビジョン「TREASURES F...
トップへ戻る