1日限定のストリートアートイベント「Kings Spray Street Art Festival」

4月27日はオランダ国王の誕生日である「King’s Day(キングス・デー)」でした。この日のアムステルダムでは様々なイベントが行われ大盛り上がり。
セントラルエリアから川を挟んで対岸にある Ij-Hallen の広場では、1日限りのストリートアートのイベント「Kings Spray Street Art Festival」が開催されました。

スポンサーリンク

アーティストたちの制作過程も見れる貴重な機会

街中ではすでに完成したミューラル(壁画)作品を見ることはできますが、制作中の作品を見られる機会はなかなかありません。また、運が良くない限りアーティスト本人に会うこともほとんどできません。

しかし、今回のイベントではアーティストそれぞれに巨大なキャンバスや壁が用意されており、制作する工程も見ながらライブで彼らの作品を楽しむことができます。

あらかじめ下書きを用意して丁寧にスプレーしたり、フリーハンドで自分の頭の中にあるイメージを作り上げていったりとアーティストによって作品を描いていく方法も様々。

Fin Dac や、

Fanakapan といった第一線で活躍するアーティストも参加していました。
勉強不足のため知らないアーティストも中にはいましたが、みんなこのイベントに呼ばれているだけあり、スプレーを巧みに扱うテクニックは見事でした。巨大なキャンバスに大胆かつ繊細に描いていきます。

どのアーティストもビールなどのお酒を飲みながら気ままに作品を描いているゆるーい感じも、ストリートアートらしくて良いですね。このイベント自体はキングス・デー限定ですが、彼らの作品はイベント終了後も見ることができるようです。

最後の仕上げでこれから少し手を加えるアーティストもいるようで、運が良ければまだ彼らに会えるかもしれません。私たちが足を運んだ時はほとんどがまだ制作中だったので、完成した作品をもう一度見に行ってみたいと思います。

一つのスペースにこれだけのストリートアート作品が集まることもなかなかありません。アムステルダムのノースエリアに訪れる際は、ぜひ迫力満点かつクオリティの高い彼らの作品をご覧になってみてくださいね。
アムステルダム中央駅からはNDSM行きの無料フェリーで行くことができます。

参加アーティスト:
a Squid called Sebastian (BE) / Bart Bosmans – Bartkore (NL) /Besok (DE) / Bier en Brood (NL) / Ces53 (NL) /Chas LoveLetters (NL) /Dean Zeus Colman (EN) / Eddie Colla (USA) / Fanakapan (EN) / Finbarr Dac (IE) / Mr. JUNE (NL) / Nasca Uno (DE) / Nash Graffiti (NL) / Nicky Nahafahik (NL) / Philip Bosmans (BE) /Pso Man (BE)  / Sokar uno (DE) / Serge Kb (NL) / Sipros (BR)
スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る