アートエキシビジョン in ヨーロッパ:エド・ヴァン・デル・エルスケン「Camera in Love」がアムステルダムで開催中!

現在、アムステルダムのStedelijk Museum にて、オランダ出身写真家 Ed van der Elsken(エド・ヴァン・デル・エルスケン)の展覧会「Camera in Love」が開催中です。

スポンサーリンク

オランダ出身の世界的に有名な写真家

エド・ヴァン・デル・エルスケン(1925-1990)はオランダを代表する写真家であり、映画監督。今回の展覧会の開催地、アムステルダムは彼の故郷でもあります。

オランダでは20世紀で最も重要なオランダ人写真家として認識され、パリ、アムステルダム、香港、東京など、世界各地のストリートで撮影してきました。

彼の作品は遊び心がありユニークで、撮影の対象となるのは若い女性から個性的な人々まで様々。客観的な視点よりもよりパーソナルなつながりを大切に制作を続けました。
彼が撮影した被写体からは、無機質ではなく、人間の息吹や感情といったものが溢れているような気がします。

エド・ヴァン・デル・エルスケンが残した功績は、Robert Frank(ロバート・フランク)やWilliam Klein(ウィリアム・クライン)、Nan Goldin(ナン・ゴールディン)といった伝説的な写真家たちにも大きな影響を与えています。

現在開催されている「Camera in Love」の会期は2017年5月21日まで、春めいてきたアムステルダムで、アートを存分に味わってみてはいかがでしょうか。

「Camera in Love」
入場料:15ユーロ

会期:2017年2月4日〜5月21日
時間:10:00-18:00(月〜木、土〜日)10:00-22:00(金)
会場:Stedelijk Museum
住所:Museumplein 10, 1071 DJ Amsterdam
ホームページ:www.stedelijk.nl/en

エド・ヴァン・デル・エルスケンのおすすめブックはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る