オランダ移住(渡航前・後)No.20 個人事業主ビザでオランダ移住に必要な費用は実際どのくらい?

オランダで個人事業主のビザ申請に必要な資本金は€4500(2016年版)と比較的安く、他の国よりも移住が簡単でフリーランスとしてもスタートしやすいと言われています。その為、このビザでオランダ移住を考えている人も年々増えており、人気が高まってきています。そこで、オランダに来てみて分かった実際に個人事業主ビザ申請と移住スタートに必要な費用を参考までに順を追ってご紹介します。

スポンサーリンク

渡航前から渡航後ビザ申請まで

私たちはアムステルダム在住の日本人夫婦で、弁護士やサポート業者を利用せずにビザ申請や家探しをしました。そのシチュエーションを例に書いていきます。

・日本の銀行口座に資本金€4500(約54万円)を用意し英文の残高証明書を作成

・オランダまでの航空券:片道なら1人数万円、往復なら1人10万円前後

・到着したスキポール空港で携帯用にSIMカード購入:€60(1人€30のカード)

・到着後すぐの1ヵ月はAirbnbで見つけたオランダ人の家に滞在:約€1300

・日本大使館に行くためデンハーグまで鉄道往復利用:€48(1人€24)
・そこで戸籍謄本2枚と婚姻証明1枚の翻訳証明書依頼:€27(1枚€9)

・再び大使館に書類を取りに&外務省へ行く為デンハーグまで鉄道:€48(1人€24)
・外務省でこれら3枚の書類にリーガリゼーションをもらう:€30(1枚€10)

・滞在2か月目からの家賃(相場)シェアハウスの場合:1人約€500~€900/月
・滞在2か月目からの家賃(相場)個人賃貸の場合:約€1500~2000/月(アムステルダムなので高め)
※この賃貸契約の段階でデポジット有りや不動産屋で数か月分前払い、家探しにサポート業者を利用など、それぞれの借り方で出費が家賃1ヵ月分プラス~数千ユーロプラスまであり。

・個人事業主ビザ申請(夫):€1296(2016年版の金額)
・パートナービザ申請(妻):€233(2016年版の金額)
※ここの申請に弁護士やサポート業者を利用の場合は数百ユーロプラス

・商工会議所で事業登録:KVKナンバー取得€50&証明書€15

・現地ビジネス口座の残高証明書(公認会計士による作成):約€180~€200

ここまでが、出発前からビザ申請までの約1.5ヵ月間に必要になった費用の概要です。これ以外にも食費や雑費なども、もちろん別に掛かりますが、1人の場合はもう少し安く済みます。ザックリですが100~150万円くらいは最低限必要なのかなと思います。家賃の部分はアムステルダム以外の市や、アムステルダムでも郊外ならもっと安く済ませることが可能です。

そして、一通りの申請が全て済んでしまえば、資本金€4500をその後の生活費として使いながら過ごすことが可能です。

また、ビザ申請以外に今後必要になる費用は、個人事業主として税務署への申告手続きを会計士に依頼するため毎月約€60~100掛かるようです。そして、オランダでは民間の保険会社を自由に選んで、ベーシックプランの健康保険に必ず加入しなければならないとのことなので、そちらも毎月1人€100前後掛かります。私たちは今この段階で、そろそろ会計士さんや保険会社を決めないといけない状態です。

学生ビザやワーホリビザで滞在する海外生活と違って、事業登録や住民登録をすると様々な手続きが後から色々出てきます。申告漏れや支払い忘れがあるとかなりの額の罰金があるそうなので気を引き締めて見落とさないように気を付けたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
トップへ戻る