オランダ移住 アムステルダムで出会った日本人たち

先日、私たちのようにオランダで活動をしている日本人の方たちに出会う機会があったので、今回は彼らがどのような生活を実際にオランダで送っているのかを少し紹介したいと思います。

やりたいことに正直に

まずは、グラフィックデザイナーさん。彼女たちはオランダの美術学校を卒業後、そのままオランダでフリーランスのデザイナーとして活動をしている方たち。ウェブサイトなどのデザインの仕事をする一方で自分たちの作品も制作。今回、色んな日本人の方に出会った機会というのも、このグラフィックデザイナーさんが招待してくれた自分たちで手掛けた本の出版記念パーティーでした。このパーティーでは他のアーティストにも何人か出会うことができました。

一人は、もう十年以上オランダを拠点に活動している方で、助成金を貰ってそこから生活費や制作費も頂きながらプロジェクトとしてかなりの大作を制作し、美術館などと仕事をしているアーティスト。プロジェクトなので基本的に売るために作品を作っているわけではないと言っていました。
もう一人は、去年からオランダに移住を始めた写真家の方。このアーティストは、助成金などには頼らず自分の作品を通して生まれる対価で勝負していきたいと言っており、日本でもギャラリーを通して精力的に作品展をしていた方で、ヨーロッパでの活動も広げるために移住したそうです。既にロンドンでも来年の大きな個展の開催が決定していました。
それぞれ考え方は違うけれど、自分なりの信念をもって活動を続けているアーティストたち。

また、現地の美容院で美容師として働いている方にも出会いました。彼は現在は就労ビザだけど、独立して自分でやっていくために永住権ビザへの切り替えを考えているそうで、そのためにもオランダ語の勉強を頑張りたいと言っていました。一見穏やかでのんびりそうな印象の中にも、永住に向けた本気度が見え隠れしていました。

その他にも、オランダ人と日本人のハーフで、両方の国に貢献できるように国際文化推進機関で働く女性にも出会いました。彼女は今回のグラフィックデザイナーの出版本制作にも翻訳などで携わっていました。

今回出会った方々のほとんどが私たちと同じ個人事業主ビザで生活をしているケースです。みんな自分のやっていきたいことに熱意を持って正直に向き合っている印象でした。きっと大変なことも多いだろうけれど、どこかみんな人生を自由に楽しんでいる感じです。

やってみたいことや挑戦したいことがあって、それを行動に移せる状況が来たらもう迷わず実行するのがきっと本当の生き方。仕事が、周りの人が、家族が、お金が、年齢が、、などと、実行しないように自分にストップをかける理由はいくらでも思いつきます。仕事を変えたい人、辞めたい人、海外に留学したい人、移住したい人、自分のビジネスを始めたい人、頭の中で色々実行しない理由を考えてしまう前に、挑戦したいことが浮かんだのなら思い切ってそこに向かう行動に移してみてください。
私たちはまだ移住生活を始めたばかりですが、一歩踏み出して行動に移して良かったなと実感しています。

トップへ戻る