オランダのチューリップシーズンの始まりを告げる「National Tulip Day」

オランダと言えばまず思い浮かべるのがチューリップ。オランダの象徴とも言えるこのチューリップのシーズンの始まりを宣言する日が「National Turip Day(チューリップの日)」です。

20億本ものチューリップを世界にお届け

オランダのチューリップ農家が主催するこの「National Turip Day」では、約20万株ものチューリップを誰でも無料で摘み取ることができます。会場となるアムステルダムのダム広場の一角は色鮮やかなチューリップが一面に並べられ、まさにチューリップのじゅうたん。イベントでは音楽団による演奏なども開催され、メディアも集まりとても華やかな雰囲気です。今年はなんと20億本ものチューリップが生産され、この日を皮切りに世界中に届けられていきます。

この日は幸いにも天候に恵まれ、絶好のチューリップ日和でした。
1時から開催する摘み取りイベントを待ちわびて、すでに会場であるダム広場には大勢の人が集結していました。チューリップは球根ごと持ち帰ることができるので、部屋に飾るも良し、家の庭に植えるのも良しで、オランダ市民の家庭に一足早い春が訪れます。

20万株を無料で届け人々の生活に花を添えたいというその心意気。オランダ人のチューリップにかける思いが伝わってきます。色とりどりの鮮やかなチューリップは何千種類もあるそうです。

まだまだ寒いオランダですが、実はチューリップのシーズンは1月から4月の下旬まで。みなさんが想像している時期よりも少し早いかもしれませんね。この期間はいろいろな種類のチューリップをオランダのマーケットや花屋さんで見かけることができます。オランダに訪れた際はぜひ一足早い春を味わってみてくださいね。

トップへ戻る