アムステルダム、シェアハウスで猫との共同生活

stuck1

シェアハウスに引っ越して3週間ほどが経過しました。ゆるゆる系イタリア人建築デザイナー男子、少し辛口なしっかり者のハンガリー女子と私たち日本人夫婦、気まぐれでちょっと寂しがりやのおてんば女子(猫)の合わせて4人+1匹のシェアハウスでの暮らしは、なんともゆった〜りとしております。

ゆるゆるイタリア人の通称マルちゃんは、フリーランスの建築デザイナー。好きな時間に仕事をして、好きな時間にお酒を嗜んでいます。マーケティング会社で働くハンガリー人、通称ニーモーちゃんは、朝早く出勤し、夕方には帰宅するという規則的な生活(最近は彼氏ができて不規則気味)。みんなそれぞれのライフスタイルで生活しているので、一緒に食卓を囲んだりすることはあまりありませんが、仲良くやっています。

stuck2

そして、今回の主役、おてんば女子のスタッキー、通称スタちゃんは1歳6ヶ月のお年頃の猫。アムステルダムに引っ越したら猫と暮らしたい…と思っていたので、願いが叶い嬉しい限りです。
マルちゃん(イタリア)が大好きなスタちゃん(猫)はいつもそばを離れようとしません。トイレまでくっついて、いつも「にゃ〜にゃ〜」と鳴いています。マルちゃんがいない時は私たちの部屋にちょくちょく暇つぶしにやって来ます。都合の良い関係だとはわかりながら、その美貌と可愛さの誘惑にいつも負けてしまいます。

部屋でコロコロと転げ回って遊んだり、仕事のジャマをしたりとカワイイやつです。とても人懐っこいスタちゃんは、寝起きに顔面に突進して来たりとてもおてんば。引っ越し当初はあまり鳴きませんでしたが、最近は「にゃ〜(こんちは?)」とか「にゃ〜(調子どお?)」などよく話かけてきたり、ゴロゴロ喉を鳴らしたり、とても心を開いております。

猫が一緒にいる人生は、心が少し穏やかになるような気が…ワガママでおてんば娘のスタちゃんとこれからも仲良くしていきたいと思います。

アムステルダムの猫スポットはこちら↓

アムステルダムの猫スポット
ヨーロッパの中でも有数の猫好きが集まる街といえば、アムステルダムかもしれません。公園にいる猫、オフィスのショーウィンドウでお昼寝をする猫、カ...
トップへ戻る