オランダ移住の準備(渡航後)No.12 ビザ申請(一時滞在許可証の取得)

前回のブログ「オランダ移住の準備(渡航後)No.11 ビザ申請(一時滞在許可証取得に向けて)」でIND(移民局)に出向いた際は、日本の銀行口座の残高証明書(英文)が必要だと担当者に言われてしまい撃沈しましたが、アポイントメントまでに英文の残高証明書を準備し、本日無事一時滞在許可証のステッカーを取得することができました。

一時滞在許可証(ステッカー)取得までの流れ

ビザ申請書や必要書類を提出して、一時滞在許可証(ステッカー)をゲットするには、まずINDでアポイントメントを取らないと行けません。この際、電話かINDの窓口で直接予約することができます。電話じゃ不安という方は、少し面倒でも直接INDでアポを取った方が安心です。

ここで注意が必要なのは、きちんとしたアポ(INDの担当者はわかりやすくBig Appointment(ビッグアポ)と言っていました)を取る必要があることです。と言うのも、一時滞在許可ステッカーを発行するのに必要な手続きに1時間以上を要するからです。ちなみにアムステルダムは申請者が多いので、私たちの場合はビッグアポまで3週間ほど待たされました。

こちらの要件が明確に伝わっていないと、簡易的な窓口(イスがなく立ってやり取り)に通されてしまいます。「とりあえずステッカーをもらいたい。」という趣旨ではなく、BSNナンバーの取得(市役所での住民登録)やKVKナンバーの取得(商工会議所での事業登録)が済んでいなくても「申請書を提出したい。」と伝えた方がベターだと思います。
数年前に申請された他の方のブログでは、INDのスタッフでも内容を把握していない人が多くいたようですが、「ビッグアポ」で対応してくれるスタッフは一時滞在許可ステッカーがないと、BSNナンバーもKVKナンバーも取得できないことを把握しています。(簡易的な窓口で対応するスタッフは把握していない人もいます。)これらのナンバーがないとオランダの銀行口座もまだ開設できないので、現時点で手元にきちんと資金があることを証明するために、日本の銀行口座の英文残高証明が必要になります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、通称「ビッグアポ」(と勝手に言ってますが)の簡単な流れを説明します(日本人夫婦の場合)。
 
<一時滞在許可証取得手続き、「ビックアポ」の流れ>
受付にて予約した旨を伝え、自分の番号が呼ばれたら窓口へ。

担当者によるビザ申請用紙のチェック
(商工会議所での事業登録はまだですね?と確認されました。)


その他必要書類のチェック
(ビジネスプランのコピーも提出。)


パートナービザ(スポンサービザ)申請用紙のチェック

申請料の支払い
(個人事業主ビザ:1296ユーロ、パートナービザ:233ユーロを現金にて)


一時滞在許可ステッカーの発行
(その場でパスポートに貼ってくれました。)


顔写真・指紋の登録

ミッション完了(とりあえず)!!

ここでもう一度、一時滞在許可ステッカーをもらうのに必要な書類のおさらいです。

1.ビザ申請書(KVKナンバーは空欄でOK)*
2.オランダ外務省のアポスティーユ認証印付き戸籍謄本のコピー
3.オランダ外務省のアポスティーユ認証印付き婚姻証明書のコピー
4.パスポート全ページのカラーコピー
5.日本の銀行口座の英文残高証明書のコピー
6.ビジネスプランのコピー
7.申請料の支払い(個人事業主ビザ:1296ユーロ、パートナービザ:233ユーロ)
*ビザ申請書の書き方は、必要書類が全て揃ってから改めて書きたいと思います。

こちらが念願のステッカーです…ステッカーの発行日から6ヶ月間有効です。(てっきり入国した日から合わせて6ヶ月だと勘違いしてました…)
ちなみにステッカー発行後、担当者の方に「BSNナンバーとKVKナンバーを取得したら、郵送で送るかまたINDに来てね。」と言われました。
ついでに「オランダの銀行口座も開設したら残高証明書がいるの??」と聞きましたが、「BSNナンバーとKVKナンバーだけで大丈夫。」とのこと。もし他に必要な書類があればレターでお知らせが来るようですが、結局必要になるような気がしてなりません…

次回はBSNナンバー取得についてお伝えしたいと思います。

2017年から個人事業主のビザ申請料は少し値上がりするとのことです。

トップへ戻る